洋服が縮んだときに再生できる方法

どんなんに丁寧に選択していても洋服が縮むことがあります。お気に入りのお洋服を洗濯したら縮んでしまったら結構ショックですね。

洗濯物が縮むのは、縮まないものと一緒に洗濯をしてしまうのが原因です。特に、セーターやレーヨン素材は気をつけなくては縮んでしまいます。

縮んだ服を再生するためには、

コンディショナー(リンス)

が必要です。

まず、桶か洗濯機にコンディショナーと、洋服がしっかり浸かる量の水を入れます。手でよくかき混ぜ、縮んでしまった洋服を入れます。そのまま30分浸します。コンディショナーの量はセーター1枚に対して2~3プッシュ程、ワンピース、カーディガンに対して3~4プッシュが適当です。後はすすいで脱水し、干すだけです。コンディショナーを入れる以外に特別なステップはありません。

洗濯物の縮みを防ぐには、できるだけ、他のものと別に洗い、柔軟剤の替わりにコンディショナーを使うといいようです。

Read More

洗濯で色落ちを防ぐワザ

洋服を洗うときに気になるのが色落ち。色落ちしてしまうのか気になったら、洗濯の前にきちんと確認しましょう。

確認法は、「おしゃれ着用洗剤」の原液をつけた白い布で、縫いしろなどの目立たない部分をたたきます。

色落ちの確認も大切ですが、色落ちを防ぐちょっとしたワザを覚えておくといいでしょう。塩を大さじ2杯程度いれると色落ちを抑えることが出来ます。それは、塩に含まれるマグネシウムやカルシウムが染料と結合し、科学的に安定することで色落ちしにくくなると言われています。

また、洗濯をする時に100cc程度のお酢を加えるのも有効なんだとか。お酢には色をとめておく効果があるため、ジーンズなどの色落ちを防いでくれます。また、洗濯ものをふっくらとさせてくれたり、消臭効果も期待できるようです。

色落ちしやすい衣類を洗う場合は、中性洗剤を使いましょう。色は、洗剤のペーハー(pH)が大きく影響されます。pHは、アルカリ性になるほど色落ちしやすくなるので中性洗剤がおすすめ。しかし、汚れは、酸性な場合が多いので、汚れ落ちは若干悪くなります。

Read More

フォーマルでボタンダウンがNGな理由

生きていると様々なシーンがありますが、今回はボタンダウンについて紹介します。

クールビズなど今注目のボタンダウンシャツ。ボタンダウンシャツが誕生したのは今から100年ほど前。

考案者はブルックスブラザーズの社長ジョン・ブルックスといわれてまいます。ポロの選手たちのシャツの襟がボタンでとめられていることに目をつけ、ボタンダウンシャツを開発したというのが、ボタンダウンシャツの起源なんだとか。

つまり、フォーマルでNGなのはスポーツが起源なため、決してフォーマルとは見られないことが理由なようです。

しかし、フロックコートが騎兵隊の軍服、燕尾服が馬術競技の礼装だったりと、フォーマルウェアの起源はアウトドアなものと関係しているようです。

ですから、ボタンダウンシャツもそろそろフォーマルの仲間入りをしてもいいように感じます。

ですが、厳格なドレスコードがある場や結婚式場やホテルでの結婚式では避けたほうが賢明です。カジュアルなレストランウェディング、二次会では許容されるかもしれません。

Read More

メンズとレディースの前ボタンの位置が違う理由

男性のスーツのジャケットと女性のスーツのジャケットを比べると疑問が湧いてきます。

それは、男性の洋服は、前ボタンが右についています。一方、女性の洋服は、前ボタンが左についています。一体なぜこのようになっているのでしょう?

13世紀、14世紀、ヨーロッパ、宮廷では、ボタンが付いている洋服は宮廷で着用されます。着るのは上流階級の人間です。

男性は自分で洋服を着替えます。当時から右利きが多かったようで、ボタンが右にあった方が着替えやすいのです。左手でボタンホール側を固定し、右手でボタンを動かす方が動かしやすいのです。

しかし女性は、彼女たちの身分では自分で服を着ません。使用人に着せてもらうのです。ですから、右利きの召使いからすると、向かって左にボタンがある(の方が留めやすいのです。

このように利便性から男性と女性の洋服の前ボタンが異なるという説があります。

ただし、現代人女性からすれば右にしておいてもらった方が使いやすかったでしょう。

Read More

ハサミがなくても服のタグを切る方法!

洋服を購入するとずついているタグ。このタグを付けたままで洋服を着る人のほうが多いと思いますが、中にはファストファッションのタグが気になる人がいるようです。

このタグを切り取りたい時に限って、ハサミが行方不明になっていることがあります。

そこで、ハサミなしでも、固いタグを簡単に切れる方法を紹介したいと思います。今回の方法は、相葉マナブで紹介されたものです。

用意するのは5円玉2枚と10円玉1枚。2枚の5円玉の穴にタグを通して、2枚の5円玉の間に、10円玉を挟み軽く押すだけで切る事ができます。

なぜ切れるのか不思議に思うかもしれませんが、その理由は、3枚の硬貨で、ハサミと同じ剪断力という原理を用いているからなんだそうです。

つまり、5円玉と10円玉の角が、ハサミの刃の役割を果たし、お互いに逆の力が加わることで、タグにズレが生じて切れるという原理。

ちなみに50円玉も穴があいてはいますが、角が丸みを帯びてしまっている為、5円玉の方がお勧めなんだとか。

そもそも、ハサミを無くななければ良いのですが、外で購入した服を、着用する機会もなくはないと思います。その場合、外でハサミを有している場合の方が稀でしょうからこの方法を知っておいて損はありません。この方法を知っていれば、財布さえ持っていれば簡単にタグを切る事が可能になります。

Read More